治療をして元気な生活を送る|下肢静脈瘤の症状もチェック

足にできる瘤

病室

突然足に隆起物ができたとしたら驚くでしょう。しかしこれは誰にでもありうることなのです。特に女性は下肢静脈瘤が起きやすいといわれており、奇妙な突起や皮膚のうねりが起こるのでスカートも着ることができない人もいます。この下肢静脈瘤は医療機関で治療することができるようになっていて、きちんと治療すれば痕も消すことができます。では、この下肢静脈瘤とは一体何が原因で発生してしまうのかというと、一つは加齢によるものです。女性が多い理由としては、筋肉量が少ないことが挙げられます。そのため、妊娠や出産が影響してホルモン量が変化し、筋肉量も低下することからなりやすいとされています。妊娠していると下肢に血液も溜まりやすくなるので、それも原因です。

では、どのような手術をするのかというと、ストリッピング手術やレーザー治療を行ないます。ストリッピング手術とは、静脈を引き抜く手術のことを指します。なぜ静脈瘤が起こるのかというと、静脈には便があるのですが、その機能が麻痺し血液が滞留してしまいそれが瘤になるのです。ストリッピング手術では、足首と足の付根から専用のワイヤーを静脈内に通し、血管を固定します。その痕で血管を引き抜くのです。血管を身体の中から取り除くので、下半身に麻酔をかけるため入院が必要になります。そのほかにはレーザー治療があり、これは血管を引き抜かずに焼き切る方法です。血管は体内に残されますが、後に体内に吸収されるので問題はありません。

寄生虫に注意

ナース

海外に長期滞在していた方は帰国したらすぐに内科で健康診断を受けましょう。健康診断では血液検査などをはじめ様々なチェックを行うことができますが、検査を受ける際には寄生虫の有無を調べることができる検便検査も忘れずに受けるようにしましょう。

心疾患を見つけるために

ナース

心臓ドックは、突然発症する心筋梗塞などの心疾患を早期発見するために受ける検査で、心臓に対する検査が充実しているのが特徴です。高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を発症している人や喫煙や過度の飲酒をしている人は検査を受けておいた方が良いでしょう。

脳の悪性腫瘍

医者

脳腫瘍は頭痛や吐き気、視覚障害などの症状があり、特に朝に吐き気が強い時は要注意です。治療方法には手術、抗がん剤、そして放射線の3つの方法があります。また脳種類にも様々な種類があり、特に脳を覆う硬膜にできる腫瘍は良性です。