寄生虫に注意|治療をして元気な生活を送る|下肢静脈瘤の症状もチェック

治療をして元気な生活を送る|下肢静脈瘤の症状もチェック

寄生虫に注意

ナース

健康診断が大切

長期間海外に滞在していた方が帰国した際には健康診断を受けることが大切です。危険性の高い感染症などは帰国の際に空港でも検査を受けることになりますが、空港での検査は一部の危険な感染症に限定されているため完全ではありません。とくに感染症の中でも寄生虫などは空港の検査ではチェックされないので、感染したことを知らずにそのまま生活を送っていることがよくあります。日本の場合には公衆衛生が高いレベルで管理されているためそれほど心配はありませんが、海外などでは飲み水や食べ物から寄生虫に感染するのはよくあることです。そのため海外に渡航した方には健康診断が強くすすめられているのです。とくに企業などから一定期間海外へと派遣されていた方の場合は帰国した際にまず健康診断を受けることが義務づけられています。海外赴任などで長期間海外での生活を送っていた方は帰国の際には速やかに健康診断を受けるようにしましょう。長期間海外での生活を送っていた方は、帰国した際に必ず健康診断を受けるようにしましょう。

内科で受けられます

人に感染する寄生虫の数は世界でおよそ200種類にも及びます。なかにはシラミやダニのように感染後すぐに症状が出ることで感染に気付くタイプのものもありますが、卵などを飲み込むことによって感染する回虫や鉤虫などは潜伏期間も長いためなかなか自覚症状がみられません。しかし回虫や鉤虫に感染するとやがては栄養失調や免疫力を低下させる要因となるため速やかに駆除する必要があります。これらの寄生虫の検査は検便検査を行えば簡単に行うことができます。検便検査は検査キットを受け取れば自宅でも可能となっているので、仕事などで時間をとることが難しい方でも簡単に検査を受けることができます。検便検査は内科で予約すればいつでも受けることができます。健康診断に組み合わせることもできるので血液検査などと合わせて検便検査も受けるようにしましょう。