脳の悪性腫瘍|治療をして元気な生活を送る|下肢静脈瘤の症状もチェック

治療をして元気な生活を送る|下肢静脈瘤の症状もチェック

脳の悪性腫瘍

医者

症状と治療方法に関して

脳腫瘍はその名の通り、脳にできる腫瘍のことです。主な症状としては慢性的な頭痛、吐き気、視覚障害などがあります。その他にもしびれや手足の麻痺、言葉がうまく出ないなどの症状も見られます。これらの症状が続いてなかなか治らない、あるいはひどくなる時は、脳神経科を受診しましょう。特に朝、起床後に吐き気が強い場合は、脳腫瘍の疑いがかなり強いので、すぐ病院に行くのがお勧めです。治療方法は、まず外科手術が挙げられますが、手術以外にも抗がん剤や放射線療法が行われます。脳の手術は出血が多いため、手術の際には自己血貯血をしておくのがお勧めです。また放射線療法は、最近は定位的放射線治療で、脳腫瘍の部分だけを狙い撃ちにすることも可能となっています。

どんな種類があるのか

一口に脳腫瘍といっても、脳の内部にできるものと、脳を包む髄膜にできるものに大別されます。このうち髄膜にできる髄膜腫は、良性で手術でほとんど治ってしまうこともありますが、脳の内部にできる腫瘍は、悪性のものと良性のものがあります。特にグリオーマと呼ばれる神経膠腫は発生率が高く、その中でも神経膠芽腫と呼ばれるものは進行が速いです。また脳腫瘍には、原発性のものと転移性のものがあります。原発性というのは、最初から脳にできる腫瘍のことで、転移性というのは、他の部分のがん細胞が、血液に乗って脳にたどり着き、増殖したものです。特に肺がんや乳がんは、脳に転移する確率がきわめて高く、また直腸がんや胃がん、あるいは腎がんなどでも、脳に転移して脳腫瘍となることがあります。